節分お化け

「節分お化け」とは

江戸時代から昭和初期にかけて花柳界を中心に行われていた、節分の日に仮装して鬼を追い払う風習のことです。
節分おばけは京都祇園をはじめ、大阪北新地など全国の花柳界でも行われていますが(ごく一部)、一般にはあまり知られていないイベントです。
そこで、「節分おばけ」と言う日本の古くからある伝統的風習を全国的に広めるべく、浅草吉原から情報発信をし、節分おばけを行っている方々との横の連携を図り、全国各地の観光振興につなげられればと思います。

江戸時代から続く・・・異仮し、鬼を追い払う年越しの行事

節分の夜には、老婆が少女の髪型である桃割にしたり、逆に少女が成人女性の髪型である島田に髪を結ったりする。
このため「オバケ」とは「お化髪」が語源であるという説もある。また異性装も行われる。
そしてこのような異装のまま、寺社へ詣でて新年の平穏を祈ることも行われる。
このような異装を行うのは、違う年齢や違う性など「普段と違う姿」をすることによって、節分の夜に跋扈するとされる鬼をやり過ごすためである。
また、豆まきなどの追儺儀式が行われるが、お化けもまたそうした儀式のひとつである。

この節分お化けでは、芸妓などが時代劇やスポーツ選手、海外の民俗舞踊など、通常の衣装とは違う様々な扮装をして座敷に出る。
また客の方も様々な扮装をする場合もあり、時には客の男性が芸妓や舞妓の扮装をして他の客の座敷に出ることもある。通常このような場所では客が他の客の座敷を覗くことはタブーであるが、お化けの時には年に一度の例外として上がり込む事すら許されるのである。
また、この花街におけるお化けでは、特に厄年の者が異装して厄払いとすることも多く行われる。

参加者募集

「節分お化け異装コンテスト」参加希望者は、事前予約制で先着200名となっています。

予定人数にたし次第締め切りとさせていただきます

◎詳細
日時:2014年2月1日(土) 13:00~16:00
当日集合時間:am11:30受付開始(本部テント「出場者受付」においでください)
場所:台東区花園公園
参加費用:1名につき1000円(更衣室利用料・参加登録料・当日保険加入)参加記念品付き
申込方法:下記フォームからお申し込みください
     (コンテストに参加されない方のご登録は必要ありません)
コンテスト優勝者には商品有り
ガラガラポンの抽選会もあります

また、「妖怪茶屋」の出店(「妖怪なべ」を販売予定)
「妖怪大運動会」を行う予定です。
   (出場妖怪を二チームに分けて綱引き(仮称:ろくろ首ひき)を行います)