4975166

土曜日の天気が不安定だったため、急遽日程が日曜日に変更となりましたが、お天気にも恵まれ、最高の道中日和となりました。

今年の目玉は、何と言ってもステージでの花魁ショーで、望月太左衛社中をお迎えしての生の鳴り物でのステージ。
本当に贅沢な仕立てです。

4974726

まずは丹阿弥谷津子さんによる、久保田万太郎の「松葉屋のご挨拶」の朗読。

4974751
そして元吉原の二三松姐さんの二調鼓の披露。
お客さんも1名だけ体験して頂きました。

4974791
そして、お待ちかね「江戸吉原粋花街乃賑(えどよしわらのいきまちのにぎわい)」
まずは「お座敷の場」
こちらではまず、お大尽と太夫の契の盃を交わして頂きます。

4974813

その後は煙管の義。
吸い付け煙草がお大尽に渡されます。

4974844

そして太夫とお大尽は次の間えと進みます。

4974889

そして太夫変わりまして、太夫の部屋の場に。
ここで太夫は踊りを披露。

4974903

こちらの太夫さんは、元松葉屋にいらした舞踊家でも有る松本錦紫さん。
さすがの太夫の踊りを披露して頂きました。

4974997

最後は丹阿弥さんも含めて皆ではいチーズ。

4975169

ステージも終了し、復路の道中に付き、無事今年の花魁道中も成功を納めました。